給湯器の交換を行う際に床暖房や浴室乾燥を一緒に導入するケースも多いものです。給湯器で温めた温水を用いて、室内の床を温めれば冬場でも少ない光熱費で快適な暮らしを実現できますし、浴室乾燥を導入すれば天候に関係なく洗濯物を干すことができます。

ここでは、給湯器の種類と床暖房や浴室乾燥を併設する際の注意事項を記載します。

給湯器の交換にかかる値段はどれくらいか

給湯器の種類

一般的に給湯器と言われるものには、給湯専用機やふろ給湯器が挙げられます。単身世帯やアパートなどに設置される給湯専用機は、水を混ぜて温度調節する形式のシンプルなタイプが多く、風呂にお湯を張る際にも、給湯ホースなどを使う必要がある場合が多いです。

一方、ふろ給湯器の場合は、浴室へ給湯設備が繋がっているタイプが多く、リモコンなどでキッチンや浴室へお湯を張ることができる機種が殆です。床暖房や浴室乾燥機能が付与されているタイプの給湯器には、給湯暖房用熱源機というものがあり、浴室へ自動的にお湯をはったり、追い焚きができたりするだけではなく、温めた温水により、床暖房や浴室乾燥を実現することが可能です。

給湯器を交換する際には、日々の光熱費を考慮に入れ、自宅の環境に適した製品を選んでいきましょう。

給湯器を交換する際の流れ

給湯器を交換する際は、自宅で使っている給湯器の型番を調べることから始めます。給湯器の設置を依頼する業者に連絡を入れるに際しても、自宅の給湯器の型番が分からなくては、どのメーカーの機種と交換して良いかや、ガスの種類を伝えることができないからです。

給湯器の型番や型式は、大抵の場合、給湯器の正面下部にシール形式で貼り付けられていますので、交換を検討している自宅の給湯器を見て、型式やガスの種類を事前に調べておくことを心がけましょう。自宅で使う給湯器の型式やガスの種類を調べた後は、工事業者へ依頼する形になります。

多くの給湯器交換業者では、無料で見積もりを依頼できる場合も珍しくはありません。電話で見積もりを行える業者もありますが、口頭では施工に掛かる工数の判断ができない場合もあり、日を改めて自宅での見積もりを行う場合も珍しくはありません。

給湯器の設置場所と号数の確認

給湯器の交換を依頼する際に、自宅の給湯器の設置場所が分からない場合も少なくありません。給湯設備の調子が悪く、交換を検討するにあたっても、自宅のどこに給湯器が設置されているかが分からず、確認に戸惑ってしまう方も多いでしょう。

給湯器には、壁掛けタイプと据え置きのタイプがあり、戸建てと集合住宅によっても設置場所は違います。集合住宅の場合には、自宅のバルコニーに壁掛けタイプの給湯器が設置されているケースが多く、戸建ての場合には庭に据え置きタイプのものが置かれている場合が殆です。

給湯器を交換する際に気をつける部分に号数があります。給湯器に用いられている号数は、一分間にどの程度のお湯を出すことができるかを示す数値になります。家庭用で使う給湯器の号数は、16号、20号に24号が一般的だったりします。

給湯器の型式を調べる際に、一緒に号数の確認も行っておくことが大切です。家族構成の変化などで給湯器の号数を上げる必要が生じた場合は、気軽に交換する業者に問い合わせを行いましょう。

床暖房の仕組み

給湯器の交換をする際に、床暖房の導入を考える方も多いでしょう。給湯器で生成した温水を室内に循環させ、少ない光熱費で室内を温める仕組みが床暖房です。ガスストーブや電気ストーブなどを使うよりも、温水を利用した床暖房の方が、火災などの心配もなく安全です。

また、お風呂を沸かした際の温水を利用して室内の温度を高める形ですので、余分なガス代が掛かることなく経済的な点が床暖房を導入することのメリットです。

床暖房という言葉を聞くと電気ヒーター式の製品をイメージされる方が少なくありませんが、電気式の床暖房の場合は、低温やけどの症状を引き起こす可能性も有り得ます。

その点、ガス温水式の床暖房であれば、一定の温度以上になることはありませんので、長時間の使用でも低温やけどを生じる心配は無いのです。

浴室乾燥機の仕組み

浴室乾燥機を給湯器の交換と一緒に導入すれば、天候を気にせず洗濯物を室内で干すことが可能になります。一般的に給湯器と併設するタイプの浴室乾燥機には、天井に設置するタイプと、壁掛け式の二種類が挙げられます。

集合住宅に設置する際は、壁掛けタイプの浴室乾燥機を選ぶ形なりなる場合が殆ですが、戸建ての場合は、家屋の状態により天井に埋め込むことも可能です。一戸建てにお住まいの方でリフォームの際に給湯器の交換と浴室乾燥機の設置を考える場合は、天井に浴室乾燥機を埋め込めるかを施工業者に相談してみるのが良いでしょう。

浴室乾燥機の中にはオプション機能が装備されているものもあります。浴室内の温度を適切な状態に保つ暖房機能や、自宅の浴室をサウナとして使えるミストサウナなど様々な機能が付加されている製品が多く販売されています。

暖房機能付きの浴室乾燥機を設置すれば、冬場のように室内温度が低い状態でも、浴室全体が温まり、快適な入浴が実現します。また、ミストサウナ機能が付加されている浴室乾燥機を設置すれば、自宅で手軽にサウナを楽しめます。

給湯器の交換にかかる費用

給湯器を交換する際は、近隣の工事業者に依頼する場合と、通販などで給湯器を購入した後に工事業者へ依頼するケースに分かれます。同じタイプの給湯器に交換する際には、標準工事の範囲で施工可能ですが、設置箇所の変更やリモコンを結び替えする際は、別途追加で工事費が発生する場合がありますので、見積もりの際に確認するのが良いでしょう。

給湯器交換に関しての見積もりを行う際には、施工業者が資格を持っているかを確認しておきましょう。施工業者の中には無資格で施工を行う場合もあったりしますので、見積もりを依頼する際には注意が必要です。施工後のアフターフォローも同様に確認して置くべき点になります。

給湯器の交換後にトラブルが生じた場合の対応をスムーズに行ってもらえるかは重要です。故障時の対応の流れと費用面の確認を忘れないように注意しましょう。

ライフバルで給湯器を交換するときの費用

給湯器の寿命

自宅に設置されている給湯器の調子がおかしいと感じた場合でも、どの程度の期間で給湯器を替えていけば良いかがイメージできない方も多いでしょう。一般的には給湯器の寿命は10年程度と言われています。ある程度の期間使っていて、給湯温度が定まらなくなったり、エラーが生じたりする場合には、給湯器の交換を検討するのが良いでしょう。

一方で、給湯器は8年が交換のタイミングとも言われます。自宅に給湯器を設置してから8年が経過した際には、工事業者に診断してもらいましょう。給湯器の交換の際に、一緒に床暖房や浴室乾燥機を導入すれば、日々の暮らしも快適になります。

給湯器を交換する際には、床暖房や浴室乾燥機の導入を検討するのも良いでしょう。